creative
制作事業

植木ロイド


Message


昭和30年代、映画・ラジオにとって代わりテレビ時代の幕開けが始まりました。それまでの娯楽(演劇やコンサート)は、限られた場所や特定の人のみでしか提供されなかったものが、テレビというマスメディアを通して全国津々浦々に映像放送が開始されました。娯楽の原点は放送が始まった当初も現在も「お笑い」という普遍のコンテンツといえるでしょう。


その原点の時代に登場したのがクレージーキャッツでした。ジャズを演奏させれば一流のミュージシャンなのですが、コントを交えた社会風刺やギャグなどで「お笑い」での不動の地位を築きあげました。


時は流れ、平成時代に入り音楽も映像もコンピューターによるコンテンツ制作が盛んになり、音楽分野に至ってはシンセサイザー(電子楽器)を中心とした作品がその大多数を占めるようになりました。


そんな中、開発された技術がヤマハ株式会社の音声合成(ボーカロイド)です。上記、クレージーキャッツのメンバーであった植木等さんの音声合成が可能であるかをヤマハ技術陣に問い合わせたところ、否定も肯定もされなかった中、植木等さんの音声合成開発は5年前(2006年)より開始されました。


本来、音声合成は存命でないと作成することができないのですが、亡くなられた方(この場合は植木等さん)のしゃべり声、歌唱したマルチトラックからのデーターなどを分析し、変換関数技術で計算することにより、ボイスデーターとして甦らせることに成功いたしました。現在、植木等さんがご存命であれば、たぶんこのような歌唱をしたであろう作品が制作可能です。


私たちは、昭和時代の高度成長を牽引し日本人を勇気づけた植木等というアーティストに尊敬と配慮の心をもって今ここに新たな音楽のコンテンツを提唱したいと思います。







In the “Showa 30s'”, the television age begun.

For the first time TV began to have greater influence than movies and radio. The traditional entertainment of the time (theater and concerts) were supplied mainly to particular people in limited locations. However, the broadcast era – through the mass media of television – was able to reach and influence a broad range of people all across the country. The most appealing form of entertainment – in terms of universal content – has always been “Comedy”.


“Crazy Cats” first appeared in the early television era. They are, perhaps, best known for Jazz music. However, they built an impregnable reputation in the “Comedy” genre through a variety of social satire and jokes.


In the “Heisei” era, the creation of music and film through the computer began. This breakthrough led to a focus on the synthesizer (electronic instrument) as a main stay within the music field.


Meanwhile, speech synthesis technology (Vocaloid) was developed by the Yamaha Corporation. About five years ago I asked Yamaha’s technical team if it was possible to use vocal synthesis to recreate “Ueki” – who was a key member of the Crazy Cats. While it was neither confirmed or denied at the time, the production of Ueki’s vocal synthesis began in 2006.


Normally speech synthesis is not possible if the person is no longer alive, however, in this case we have succeeded in recreating Ueki’s voice. We revived the necessary voice data by analyzing data from multi-track chatter and singing, and ultimately by computing the technology conversion function. Now, it’s possible to create a song with Ueki’s vocal properties ( – as if he was still alive. the sound is exactly as if he was singing himself).


We would like to advocate the creation of new music, but with respect and consideration for the artist – Ueki – who led the rapid growth of the Showa era – and inspired all Japanese people.


Hideki Matsutake